d-20180830

8 月も終わる。いろいろきちんと進めねば。

XMPP を調べる

手順はどんなものか考えてみる。

  1. XMPP サーバの準備
  2. XMPP サーバの設定
  3. XMPP クライアントの準備
  4. XMPP クライアントの設定
  5. XMPP ライブラリの選定
  6. 実際の開発を始める

こんなものか。

XMPP サーバは今も使っている(以前使っていた?) ejabberd にしようかと。設定画面とか混在すると混乱するし。

XMPP クライアントの準備と設定は分ける必要もないかな。Spark を使うと思う。

問題はライブラリで、現在の仕様で一部 XMPP から逸脱している部分があるので、それを吸収しやすいやつ。

T町の環境整備

作業環境の整備。特に開発環境。今ひとつ作業しづらい。

そういえばトラックパッドを買ったので、早く設定しよう。

カテゴリーBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください