Ubuntu 20.04 の環境整備 #1

Ubuntu 20.04 の日本語 Remix を使って環境整備。

前提としては、

  • 実環境と VM 環境双方で同じように使えるようにする
  • Mac の環境があるので UID と GID を 501 にする

あたりがある。UID/GID を 501 にするので、インストール時に作成するユーザを管理ユーザとして、その後に一般ユーザ(と言っても sudo はできるようにするが)をつくる。

インストール

インストール時に、「アップデートをダウンロードする」のと「プロプライエタリなソフトウェアもインストールする」にチェックを入れる。LVM は使っても使わなくても。
インストール時に作成するユーザは管理者っぽい名前にしている(意味はない)。

インストール完了後

インストール時に設定したユーザでログイン。端末(ターミナル)を起動して /etc/login.defs を編集、system uid/gid の最大値を調整する。

#
# Min/max values for automatic uid selection in useradd
#
UID_MIN			  500
UID_MAX			60000
# System accounts
SYS_UID_MIN		  100
SYS_UID_MAX		  499

#
# Min/max values for automatic gid selection in groupadd
#
GID_MIN			  500
GID_MAX			60000
# System accounts
SYS_GID_MIN		  100
SYS_GID_MAX		  499

こんな感じ。
20.04 から uid/gid が 999 な systemd-coredump とかいうユーザがあるので、これの uid/gid を調整。find で uid または gid が 999 なファイルを探したが無かったので、サクっと変更する。実際は /etc/passwd と /etc/group を修正する。/etc/passwd は vipw で編集。
一般ユーザを作成する。sudo adduser hoge --uid 501 で作成。
作成したユーザの調整。インストール時に作成したユーザと同じグループに入れる。/etc/group を編集。

ssh:x:118:
netdev:x:119:
lpadmin:x:120:myadmin
avahi:x:121:
scanner:x:122:saned

こんなのを、

ssh:x:118:
netdev:x:119:
lpadmin:x:120:myadmin,hoge
avahi:x:121:
scanner:x:122:saned

こんな感じに。vi で :%s/myadmin/myadmin,hoge/g で全置換。ただし、

myadmin:x:1000:

myadmin,hoge:x:1000:

になるので、この行は手作業で戻してやる。
以降の作業は、作成したユーザでおこなう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください